スペシャルコンテンツ

Discovery:タニタの“ヒト・ドリブン経営”から何を学ぶか?

  日本活性化プロジェクトが実現する「『変身資産』が増えるエコシステム」 豊田義博 ライフシフト・ジャパン株式会社 取締役CRO/ライフシフト研究所所長 経営改革の起点となった強い危機感 タニタの創業は1923年。シガレット・ケース、貴金属宝飾品などを製造販売していました。そして、194... 続きを読む

Crew’s Life:大塚さん。久保さん。タニタは100点満点で何点?

    親の介護、アーティスト活動、そして仕事、すべてができて大満足 大塚武司さん(写真左側) 営業事業本部 営業推進部 営業推進課 この制度がなければタニタと縁が切れていた 大塚武司さんは2015年9月、タニタに中途入社した。2018年末にタニタを退職し、201... 続きを読む

Captain’s View:代表・谷田千里氏はタニタをどうしたいのか?

  「報われ感」を最大化し「働かされ感」を最小化する究極の働き方改革 体組成計などの健康計測機器メーカーであるとともに、タニタ食堂を始めとする健康関連サービスも展開するタニタが、2017年1月、「日本活性化プロジェクト」と銘打った独自の働き方改革を始動させました。 同プロジェクトでは、自ら希望す... 続きを読む