執行役員CMO

河野 純子

 

 


メッセージ

均等法第一世代の私も、気づけば50代半ば!働く女性のロールモデルがいない時代を30年間、走り続けてきました。そろそろゴールが見えるのかと思いきや、人生は100年時代に(笑)。私の人生ブックには、まだまだ白紙のページがありました。

仮に85歳まで働くとしたら、これまでと同じ、あと30年の時間があります。なんと長い。これから先も、ロールモデルがいない道なき道を旅していくしかありません。でも大丈夫。ロールモデルのない時代を生きることは、実はとても自由で楽しいことなのです。固定概念や役割意識にとらわれず、自分らしい生き方を選択していけばいいのですから。

しかも道なき道を旅していくのは、男性も同様。旅の仲間が倍になりました。そしてなにより心強いのは、白紙のページがたっぷりあることです。多少の回り道は問題なし。試行錯誤を楽しみながら、自分らしい物語を描いていきたいですね。ともに自分が主人公の「100年ライフ」を楽しんでいきましょう。どうぞよろしくお願いします。

 

PROFILE

1986年リクルート入社。『週刊住宅情報』副編集長、『とらばーゆ』編集長を経て、2008年に住友商事に転身。ファッション、教育分野の新規事業開発に取り組む。2017年に退職後、海外留学を経て、2018年より慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科に在籍。同時にライフシフト・ジャパンに参加。個人事務所にて事業開発コンサルティング・プロデュース活動を展開する。40~50代の働く女性向けメディア『日経ARIA』にて連載「40代からのライフシフト」を執筆中。